椅子の歴史

ただ、座るだけの椅子から、装飾で地位の高さを表す象徴となったり、より座り心地の良い形や高さになったり、時代時代の人々の考え方が表現されている家具の1つが「椅子」です。

人の歴史において、記録から読み取れるのは、紀元前3000年の頃から椅子のような家具が存在したということです。王様の座る椅子を「玉座」と言いますが、ツタンカーメンの墓から出土した椅子は、金や宝石で飾ってあり、繊細な彫刻まで彫刻された豪華な物でした。

近年では人間工学に基づいた椅子が作られていて、座るだけの道具から、健康のことまで考えた家具として、生活の中でも必需品となっています。

機能別、目的別に様々なタイプの椅子が存在します。機能とデザインの両立を図った機能美の椅子があったり、手軽に利用出来る、ある意味で「ただ座るだけ」の折りたたみ椅子など、考え方の違いで幅広いタイプの椅子が使われています。

アナタのお好みにあった「こだわり」の椅子を、この「こだわりの椅子探しショップ」で見つけて下さい。